2017年3月10日にフレッドアップデート!ガクッと検索順位が下がるアフィリエイトサイト続出

フレッドアップデード

2017年3月10日にフレッドアップデート!
影響を受けたブログは多し

システムエンジニア(SE)かっきーです。

2017年3月10日にフレッドアップデート(今回のgoogleアルゴリズムのアップデート)が行われました。
しかし、今回のフレッドアップデートはgoogleが非公開で行ったようです。

なぜ、gooogleが非公開にしたといいますと、今回のアップデートはパンダアップデートやペンギンアップデートのように本格的なアップデートではありません
ただただ、定期的なアルゴリズム変更の影響を受けただけのものなのです。

そのため、なかなか情報もなく何が変わったのかわからない方も多いと思います。
今回はフレッドアップデートについて紹介していきます。

フレッドアップデートとは

フレッドアップデートとは、主に下記のコンテンツを対象としたアップデートになります。

ダイエット時にオススメの食べもの

  1. 広告収入を目的とした広告媒体が過度に掲載されているコンテンツ
  2. 価値の低いコンテンツ

そのため今回は、さまざまな広告によって収益を上げているアフィリエイトサイトが、特に影響を受けてしまうのです。

また、「リンクの品質」に影響しているとも言われており、リンクとコンテンツの質や量など両方が対象となっいます。

これにより、SEOがどのように変化するのでしょうか?

SEOとの関連

フレッドアップデートにより過度の広告を掲載した価値の低いコンテンツは世界的に順位が下がっています。

また、「順位が落ちたコンテンツから、広告を取り除いたら、順位が回復した」ということも聞いているため、2017年3月10日以降に大幅に順位が下がった方はコンテンツ全体を見直しが必要です。

また今回は、順位を落とさなかった方も過度な広告は、ユーザビリティは下げる原因に。
今後SEOが下がる可能性もあるため、コンテンツ全体を見直すことをオススメいたします。

リンクも見直せ

フレッドアップデートはリンクの品質も影響があるといわれております。
そのため、過度な広告ばかりのコンテンツや価値の低そうなコンテンツへのリンクは、なるべく避けたほうがよいでしょう。

そこでまず、自コンテンツに向けられているリンクはどのくらいあるのか確認してみましょう。
googleサーチコンソールを使うと得便利です。
googleサーチコンソールにログイン後「検索トラフィック」⇒「サイトへのリンク」⇒「詳細」で
最新のリンクをダウンロードすることができます。

その中から一般的に低品質なコンテンツといわれている下記のリンクを拒否します。

ダイエット時にオススメの食べもの

  1. SEO会社から買ったリンク
  2. 1ページに大量のリンク
  3. 相互リンク

リンク拒否設定

リンクの拒否は簡単にgoogleサーチコンソール上の
リンク否認ツールにより設定ができます。

このページで拒否をしたい、URLかドメイン名をアップすれば完了です。

最後に

今回フレッドアップデートにより「過剰な広告」を見直し、広告よりもオリジナルコンテンツの割合を高めながら、コンテンツ全体を見直しましょう。
また、リンクの品質(被リンク)を見直して、「低品質なリンクの排除」「被リンクを集める対策(SNSの活用等)」を実施しながら、フレッドアップデートの対応を試みるといいかもしれませんね。

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です