webサーバーで503エラーの緊急事態!原因&対処方法を徹底公開

webサーバー_503エラー

webサーバーが中々繋がらない非常事態!
原因&対処方法を教えます

システムエンジニア(SE)かっきーです。

サイトを閲覧しようとして、中々webサーバーが繋がらず、突然503エラーとなったことがあるのではないでしょうか。
503エラーが発生するとwebサイトを閲覧することができずに、せっかくのpv数が減少する可能性も。
せっかくのビジネスチャンスを逃すことになったり、伝えたい優良情報がユーザーに届かないことになったりすると残念ですよね。
そこで今回は、なぜ503エラーが発生するのか、そして発生した場合の対処方法をご紹介します。

webサーバーにおける503エラーの原因


そもそもwebサーバーの503エラーとは、webサーバーにリクエストを投げても応答しないと返されるHTTPのステータスコードのひとつであります。
簡単にいうと、皆さんがお使いのサーバーが返しているエラーということになります。

なぜ、503エラーが起>webサーバーに起こるのか

503エラーを引き起こす原因として2つあります。

  1. ブログやサイトにアクセスが集中している
  2. 画像やコードが重く、読み込み時間がかかってしまい、待っている人たちが増大し発生

という、この2点が考えられます。

(1)は言葉の通り、自分のサイトやブログに一気にアクセスが集中している状態です。
サーバーは同時にアクセスできる量(トラフィック)を制御しており、これがあることにより安定的なサーバー運営が行えています。

そのため一度に大量のアクセスが来るとサーバー側は、安定的に運営を行うため一旦ストップ。
その時起こるのが「503エラー」です。

(2)は画像等の容量が重く、その読み込み時間がとても時間がかかってしまうと、待ちの状態が何人も続出します。
簡単にいうと、読み込み渋滞状態です。
この場合でも「503エラー」が起こります。

つまりは、サーバーが処理できる量を超えてしまった場合、サーバー側は自分を守ろうと止めてしまうのです。

とくに、wordpressは、毎回DB(データベース)にアクセスし、動的にページを表示させているため、wordpressを使用していると、どうしても「503エラー」が出やすくなります。

webサーバーで503エラー対策方法

503エラーは、ほんとに厄介ですよね。
では503エラーを出さないためにはどうすればいいのでしょうか。

そのためこれを解決するにはwebサーバー選びがとても大切になってきます。

503エラー対策方法

  1. 対策1:キャッシュを用いて、画像などのデータの読み込み時間を改善する
  2. 対策2:共有サーバではなく、独自でレンタルなどしたサーバを使うようにする
  3. 対策3:使用中のサーバースペックを向上する

以上の3つが、「503エラー」を防ぐ対策になります。

まずは、対策1から見ていきましょう。

webサーバーで503エラー対策方法(1)
プラグインを利用する

サイトの作りによっては、ページの読み込み時間がとてもかかってしまうサイトも中にはあります。
そうしたサイトだと、読み込み時間の渋滞が起きてしまい、なかなかページを開くことができません。

そこででてくるのが、【キャッシュ】という頼れる技術になります。

キャッシュとは、DB(データベース)の読み込み時間を減らすため、一度読み込んだ情報を貯めておく技術になります。

wordpressのプラグインで有名なのが「WP Super Cache」というキャッシュ系のプラグインがあります。

「WP Super Cache」の説明は、次回にご紹介します。

キャッシュ系のプラグインを入れるのと同時に、画像圧縮のプラグインやwebサイト上でライブラリに上げる前に圧縮してしまうのも手です。

また、このサイトの読み込み時間を上げることは単純に「503エラー」をなくすだけではなく、SEO対策にも繋がります。

読み込み速度は、こちらのサイトで簡単に図ることができるるので実際にやってみてください。

webサーバーで503エラー対策方法(2)
独自のレンタルサーバーを借りる

liveboorブログやアメーバブログなど共有のサーバーを使っての運営になってくると、多くのユーザーが使用していることから、「503エラー」にとてもなりやすいです。
そのためレンタルサーバを1つ借りて運営することをオススメします。

またレンタルサーバーを借り、独自ドメインでサイトを運営することにより、仮にブログ運営会社が倒産したとしても、サイト自体は残り続け資産として運営していくことができます。

継続的に続けていくなら絶対、レンタルサーバーを借りるようにしましょう。

webサーバーで503エラー対策方法(3)
ハイスペックなサーバーに変更する

最初に【そのためこれを解決するにはwebサーバ選びがとても大切になってきます。】といったように、webサーバーにもPC同様スペックがあります。
なるべくスペックの高いサーバーを選ぶようにしてください。

サーバーで重要視したいスペックのチェック事項

  • HDDの容量
  • HDDのI/O速度
  • キャッシュに使われるメモリの量
  • ネットワークの速度

上から並んでいる順にサーバーのスペックをチェックするといいといわれております。

皆さんもこの際、サーバーを見直してはいかがでしょうか?

ご不明点がある場合は、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

( icon-star 前回の記事も見る

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です