グーグルが日本語検索のアルゴリズムを改良。順位が急降下するページの特徴

グーグル_アップデート

WELQ(ウェルク)の問題が大きな引き金?
グーグルの日本語検索のアルゴリズムに変化

ライティングコンサルタントぱおちゃんです。

2017年2月3日(金)に、Google(グーグル)が日本語検索のアルゴリズムを改良したと発表しました。
ちまたでは、「ウェルクアップデート」とも呼ばれています。


グーグル_アップデート

グーグルの「日本語検索の品質向上にむけて」の全文

Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。
その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。
この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

検索順位を露骨あげようとするサイトは評価されなくなる

以前にも2011年に低品質なサイトが上位にあがりにくくなる「パンダアップデート」や、2012年にアルゴリズムがやや変化した「ペンギンアップデート」が行われました。
そのため、今回のアップデートはとくに珍しいことではありません。

「ペンギンアップデート」とは、スパムや、グーグルのウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているWEBページの検索結果の順位を下げること。

Google(グーグル)は検索エンジン利用ユーザーのために、常に検索ランキングのアルゴリズムを改善しているといいますが、ここまでの大々的な発表は、2016年11月起きたWELQ(ウェルク)の件が大きく関わっているでしょう。

ヤフーニュースでは、すでにRETRIP、MARBLE、KAUMO、マーミー、MARCH、GIRLS Slism、curet、恋愛jp、Linomy、こいぴた、カラダノート、健康生活などこれらのキュレーションサイトの検索順位がガクッと下がったことが判明。

これからまた順位が上位に戻るのかそれともそのまま戻ってこないのか、これから明らかになると思います。

ちなみに、私もいくつかのサイトを運営していますが、ほとんど影響はありません。
やはりオリジナルコンテンツは強いですね。

●いろんなサイトから情報をツギハギに集めただけのページ
●内容が深くなく、情報が薄いページ

これらのサイトはGoogle(グーグル)によって、順位を落とされていくでしょう。

また進捗があり次第、更新していきます。

 icon-envelope-o 無料添削&お問合せはこちらまで。

( icon-star 前回の記事も見る)

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です