サーバー とは?有料サーバーを契約する前にWEBサーバー比較

large (5)

有料サーバーにも4種類ある。
ブログするならレンタルサーバーで十分!

ライティングコンサルタントぱおちゃんです。

副業!自分のブログを立ちあげて稼ぐ。有料サーバーが指示される理由」にて、有料サーバーがオススメということをご紹介しました。

有料サーバーが沢山ある中、たったひとつに絞るのも難しいときがあります。

そもそも「サーバー」とは、「家の土地」のことです

ブログやECサイトを立ち上げるうえで欠かせないのが「サーバー」

ブログやサイトを「家」と例えるなら、サーバーは「土地」に例えることが可能です。

サーバーとは_有料サーバー

サーバーとは、インターネットなどのコンピューターネットワーク上で、我々のパソコンなどに対して、様々な機能や処理などのサービスを提供するコンピューターのこと。
私たちが使用しているパソコンよりも強度が強く、安全性も抜群
処理速度もとても速いハイスペックなコンピューターです。

サーバーが提供するサービスは、WEBサイトやブログ作成のほかにも下記のような事例が挙げられます。

●オンラインゲーム
●ソーシャルメディア
●メール
●ホームセキュリティ
●企業の勤怠管理
●コンビニの受注管理

生活のごく身近なところでサーバーが活躍していることが分かるでしょう。

個人が所有しているパソコンが故障しても困るのはパソコンの持ち主だけですが、サーバーの動きが止まってしまうと利用者全員に大きな影響を与えます。

しかし、サーバーの動きを停止させないために、循環する仕組みがしっかりとしているのがサーバー
システムの安定性を保持するため、サーバーには必要に応じてパソコンにない機能がついています。

高い安定性のほかにも、情報の管理機能、機能の拡張機能がついていることもパソコンにない機能です。

WEBサイトやブログの立ち上げも、この優秀なサーバーを使用します。

WEBサーバーにも種類がある

WEBのレンタルには共有サーバー(レンタルサーバー)、専用サーバー、VPS(仮想専用サーバー)、クラウドサーバーの4種類があります。

●共有サーバー(レンタルサーバー)
●専用サーバー
●VPS(仮想専用サーバー)
●クラウドサーバー

(1)共有サーバー(レンタルサーバー)の特徴

サーバーとは_有料サーバーぐ

共有サーバー(レンタルサーバー)の特徴

  1. 1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使用するサーバー
  2. 別名、「レンタルサーバー」
  3. 物理サーバー
  4. サーバーの使用料が他の3つよりも安い
  5. 複数のユーザーと共有して使用しているので他のユーザーの悪影響を受けることがある
  6. ユーザーはサーバーの管理者権限を持つことができない
  7. 家に例えるとシェアハウス

個人ブログやホームページの多くは共有サーバーを使用しています。

1ヵ月100円代と安価で始められますし、サーバーの設定や運用など、レンタルサーバー業者が行ってくれるので簡単に使い始めることができるもメリット

しかし、1つのサーバーを複数のユーザーが共有して使うため、他のユーザーの都合でサーバーの設定を変更できないなど不自由なこともあります。

(2)専用サーバーの特徴

サーバーとは_有料サーバーぐ

専用サーバーの特徴

  1. 特定のユーザーが1台のサーバーを使用するサービス
  2. 物理サーバー
  3. ひとりで使用するので、好きなアプリケーションを入れることができたり自由度が高い
  4. 共有サーバーよりも性能が高い
  5. 1ヵ月8,000円~と価格が高い
  6. サーバーを自分でメンテナンスする必要がある
  7. 家に例えると一戸建て

物理サーバーを1台専有して使用する専用サーバー。

一般的に使用料金が高く、高い専門性を要求されるので共有サーバーよりも利用者は少ないです。

しかし、他の利用者の影響を受けない、大規模なアクセスがあってもサーバーが落ちにくい、サーバーの設定の自由度が高いなどメリットが多数。

相当なアクセス数が見込めるサイトでない限り、共有サーバーで十分でしょう。

(3)VPS(仮想専用サーバー)

サーバーとは_有料サーバーぐ

VPSの特徴

  1. 共有サーバーと専用サーバーの機能を持ち併せている
  2. 仮想サーバー
  3. 1台のサーバーを複数人で共有するが、契約者ごとに領域を区切られる
  4. 区切られたスペースで自由に設定することができるから専用サーバーと自由度がほぼ同じ
  5. 共有サーバーよりも高機能
  6. 専用サーバーよりも安価
  7. 他のユーザーの影響が受けにくい
  8. サーバーを自分で構築して、メンテナンスする技術が必要
  9. 1ヵ月1,000円前後
  10. 家に例えると分譲アンション

ひとつのサーバーの決められた領域を自由自在に扱えるVPS(Virtual Private Server))。
使い方は専用サーバーと変わらないので、「仮想専用サーバー」とも呼ばれています。

レンタルサーバーよりも他のユーザーの影響を受けにくく、専用サーバーと同じ使い方なので自分の権限で好きなアプリケーションをインストールが可能。

ですが、サーバー設定や運用も自らで行う必要もあるのである程度のシステム周りの知識と技術が必要です。

共有サーバーの制限にやきもきしているけれども、専用サーバーは価格が高すぎる。
そんな人にVPS(仮想専用サーバー)はオススメ。

(4)クラウドサーバー

サーバーとは_有料サーバーぐ

クラウドサーバーの特徴

  1. 他の3つと比較すると新しいタイプのサーバー
  2. VPSと同じく仮想専用サーバーが与えられる
  3. 仮想サーバー
  4. サーバーを自分で構築して、メンテナンスする技術が必要
  5. 時間単価に換算すると、VPSよりもコストは高い

1台のサーバーを複数で使用するVPSと使用は変わりありませんが、一時的にアクセスが増加したときなど柔軟に対応できるのがクラウドサーバーです。

必要な場合に応じてスペックを追加したり、減少できたりできるのでVPSよりも柔軟性が高くて高機能だといわれています。

しかし、コスト単価面でみるとVPSのほうが安いのため、24時間継続で追加使用する場合は、コストがVSPや専用サーバーよりもかかることがあるので気をつけましょう。

使用目的に最適なレンタルサーバーを見つけて

ブログやサイトを始めるならレンタルサーバーの機能で充分です。
その中でも、

●サーバーを運営している会社
●容量や機能
●料金

これらの3つをクリアしたレンタルサーバーをみつけましょう。

ライティングレシピは、レンタルサーバーを使用しています。
月額使用料も安く、価格の割に高機能なので大満足です。

( icon-star 前回の記事も見る

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です