巷で頻出するSNSの本質!原点は20年前の無料掲示板だった

SNS_システムエンジニア

流行中のSNS(ソーシャルネットワーク)。
じつは20年以上も前からその姿を確立していた

システムエンジニア(SE)のかっきーです。
職業からサイトの内部に関わることが多いので、システムまわりなどの技術や情報を中心に今後はお伝えできればな、と思っています。

今回は、さっそく「SNS(ソーシャルネットワーク)」についてのご紹介です。

そもそもSNSとは、人と人をつなげるかけがえのないもの

最近では「SNS」という言葉がとても普及し、生活の一部と化しております。
しかし、そもそもSNSとは何なのか、皆さん知っておりますでしょうか。
自信を持って説明が出来ますでしょうか。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスのことである。

-Wikipedia

簡単に言うと人と人を結び付け、関係性を強めるサービスの名称であります。
これを満たしてしまえばすべてがSNSになりえるのです。

そのため、最近ではスマートフォンを始めタブレットパソコン、さらには最近のゲーム機もこれに該当いたします。

つい10年前までは、SNSなんて言葉すらに認知されていませんでしたが、
気が付けば世の中はSNSだらけになっていたのです。

しかしながら、
こんなにも普及しながらも、年配の方々は「SNSを使ったことが無い」とそう答えるでしょう。
当然、ご本人は「SNSなんてやっていない」と思っているからです。

しかし一番昔からSNSを利用し、詳しいのは年配の方たちなのです。

なぜならば昔は、どこの駅でも見かけた黒板の「伝言板」!!!
これは、機能的には完全にSNSそのものなのです。

20年前は、待ち合わせの遅れると会えない

つい20年前ぐらい前までは携帯電話は存在していましたが、2017年現在のように普及しておりませんでした。

お互い連絡手段がないのですから、待ち合わせなんて、会えるか会えないかもわからない。
緊急の親や会社からの連絡も、忘れ物の連絡も、家を出たら最後。

とっても不便で不安ですよね。

待ち合わせに集合することが出来ずにウロウロする。
ちょっと昔はそんな光景が常に広がっておりました。

「伝言板」=待ち合わせスポット

そんな時代に便利だったのが「黒板の掲示板」です。
「どこどこに行っている」「先に行っている」「集合場所変更」など、そんなメッセージを書くために掲示板が使われておりました。

人と人を結び付け、関係性を強めるサービス=黒板の掲示板
よって
黒板の掲示板=SNS
になるのです。

今では黒板の掲示板は、ほとんど見なくなってしまいましたね。

言葉は新しいけどSNSの本質は新しいものではない

SNSは決して新しくありません
言葉自体は最近出てきましたが、サービスの仕組みは昔からあり、常に利用され続けております。

しかし、昔と今では明らかに異なる点が2点あります。
それは

●情報の広がる速さ
●情報の広がる範囲

この2点です。

現在の世の中は一瞬で全世界に広がり事もあります。
昔では絶対になかったことです。

そのためこの2点の特徴をしっかり抑えれば、現在のSNSの本質も理解できるのです。

ネットの普及でビジネスが無限大に

SNSの考え方は決して新しいわけではなく、昔から利用され続けられておりました。

なのにインターネットと繋げることにより、爆発的な需要を生み出しております。
ここに私は、ビジネスチャンスが広がっていると思います。

皆さんも昔からある考え方やツールを利用し、便利な道具を生み出してみてはいかがでしょうか。

もっと詳しい話を聞きたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

( 前回の記事も見る

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です