上手な文章を真似して書くだけ!文章力が最速で向上する練習方法

ライティングレシピ_文章力_向上_文章_書き方_キュレーター_ブロガー_クラウドワークス_コンテンツSEO_ライティング_ライター

手を動かして上手な文章を紐解くことが
素早く文章力をあげるコツ

ライティングコンサルタントのぱおちゃんです。

今回は、 初心者ライターさん向けに文章力がアップする練習方法をレクチャー。
在宅で副業しているWEBライターさんや、キュレーターさんにぜひ実践して欲しいライティングトレーニングです。

上手な文章を真似して書くだけで文章力が上がる

最速で文章力をあげたい人は、上手な文章を真似して書くことをオススメします。

これも私が、駆け出しライター時に先輩から教わった練習方法で、何度も何度も繰り返しました。

文章は、数学のように正解がありません。
なので多くの人が目に触れている比較的支持されている文章を目標とします。

「上手な文章」を選ぶコツ

文章を選ぶ際は、WEBの記事や小説から学ぶのはオススメしません。

上手な文章・下手な文章を見分けれるのであればいいのですが、WEB上は、プロの文章と素人の文章が混在しています。

小説は、情緒的な特殊ないい回しが多いため、小説家志望でない限り、文章力のトレーニングには不向きです。

また、「好きな文章」をチョイスするのも控えましょう。
あなたが選んだ好きな文章は、必ずしも上手な文章であるか分かりません。

上手な文章を選択するときは、雑誌に書かれている記事の文章を参考にしましょう。

●参考イメージ1


ライティングレシピ_記事_参考例” width=

●参考イメージ2


ライティングレシピ_記事_参考例 ” width=

出版社には、きちんと編集者とライターがいます。
大勢の人が読む文章を書き慣れているので、雑誌の記事を真似すると間違えがありません。

真似して「書く」にこだわる理由

実際に手を動かして書いてみると、使っている単語や文章の組み立て方を細かく分析できます。

「読む」のではなく、絶対に「書く」ことを、してください。
口ですと自然に読み飛ばしてしまうので、手を動かして文章を紐解くことが大事です。

まるまるコピーライティングする際に、

  1. 主語・述語・修飾語の使い方
  2. 文章の構成の仕方(起承転結)
  3. 使用しているキーワード
  4. 知識
  5. 着眼点

などに着目して書いてください。

意識して文章を真似することで、今までになかった気づきと知識が身につきます。

初心者だから、どこを見ればわからない!

上記で、意識するポイントを提示しましたが、「まだまだどこを見て文章を真似すればいいか分からないよ!」という方は、何も意識せずに真似するだけでOKです。

トレーニングの回数を重ねると、「あ。こんなキーワードを使っている」「時事ネタを冒頭に持ってきているんだ」「この着眼点、するどい」など、練習開始当初になかった気づきが生まれます。

なので、焦らずにまずは丁寧に文章の真似をしましょう。

真似ライティングは、あくまで練習。内向きに!

まるっと真似した文章は公表せず、自分のパソコンの中に閉じ込めておきましょう。

真似して文章を書くのは、あくまでトレーニングです。

報酬を得るライティングをする際は、練習時の気づきを生かして、自分なりに文章を書いてください。

在宅ライターさんの場合、文章力をあげることは収入をあげる近道になります。

ご質問などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

( icon-star 前回の記事も見る

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です