プロライターはWEB不向き?コンテンツSEOのライティング手法は独特

ライティングレシピ_文章力_向上_文章_書き方_キュレーター_ブロガー_クラウドワークス_コンテンツSEO_ライティング_ライター

雑誌や紙媒体に慣れた人のライティング手法は
SEOコンテンツでは通用しない

ライティングコンサルタントのぱおちゃんです。

私は、雑誌など印刷物からWEB編集&WEBライターへ転職しました。
初めての衝撃は、雑誌や折込チラシなどで通用していたライティングスキルがWEBで通用しなかったこと。

今後ますます、紙媒体からWEB媒体へ人材が流出するでしょうから、ご参考までに印刷物とWEB媒体の文章の書き方の違いについて、ご紹介したいと思います。




多くのWEB媒体が実施いているSEOとは?

「WEB媒体で、ライティングスキルが通用しない」といいましたが、ここでのWEB媒体はSEO(エスイーオー)を意識したWEB媒体のことを定義 します。

SEOとは、特定のキーワードを検索したときに、上位に表示されるための対策のこと。

私たちはインターネットで何かを調べるとき、検索エンジンで気になるキーワードを入力します。
数千万候補のページが検索でヒットしますが、実際に見るページは、一番最初に表示される1~3ページくらいですよね。

インターネットでお金稼ぎをしている人や企業は、ページを沢山見てもらいたいために、SEO対策を行いSEOコンテンツを作成します。




コンテンツSEOが最重要視するライティングって?

プロのライターは、下記を意識して文章を書きます。

●伝えたいことを伝えられる文章になっているか
●決められた文字数で文章を書く
●「ですます調」など文章のトーンの統一
●ライター目線で書かれているか
●なるべく同じ単語を出さないようにする
●文章が流れているか
●リズムがあるか
●文章が読みにくくないか
●重複する内容を書かないようにする
●ひらがな・カタカナの表記が統一できているか
●事実のみ書く

ライターさんによって違いはあるので、上記は一例です。
これらは読み手のことを考えた配慮。
「~だと思います」「~と考えます」といった文章は、ほとんど出てこないです。

WEB媒体では、これらを意識しているだけではSEO対策ができません。

●検索結果に引っかかるように何度も同じ単語を使う
●文章は長ければ長いほどいい
●具体的に細かく書く

何度も同じ単語を重複させたり、文章を具体的に書こうとしすぎると修飾語が多すぎて、文章が読みずらくなります。

正直なところ、SEOコンテンツは、必ずしも読み手を意識した文章でなくてもいいのです。




ライティング手法の違い具体例

「初心者ライター WEBサイト」で検索順位を上げたいとします。

タイトル、キャッチコピー、本文の3箇所の文章を書く場合、私が雑誌で文章を書くなら、下記のように内容が重複しないよう端的に文章を書きます。


ライティングレシピ_文章力_向上_文章_書き方_キュレーター_ブロガー_クラウドワークス_コンテンツSEO_ライティング_ライター” width=

一方、SEOを意識した文章を書いてみました。
タイトル、キャッチコピー、本文と構成は同じです。


ライティングレシピ_文章力_向上_文章_書き方_キュレーター_ブロガー_クラウドワークス_コンテンツSEO_ライティング_ライター” width=

SEOコンテンツを意識するなら、「初心者ライター」「WEBサイト」のキーワードはタイトル、キャッチコピー、本文の全部に出てくる必要があります。

SEOコンテンツを意識しない場合、全体をみても「初心者ライター」と「WEBサイト」は1回ずつのみの登場になりますが、SEOを意識した文章になると、「初心者ライター」は5回、「WEBサイト(サイト含む)」は4回登場。
単語を重複させることで、文章も自然と長文になります。

そして、本文のライティングレシピ(WritingRecipe)」
英語で検索する人もいるかもしれないので、カタカナ表記と英語表記の両方を記載するとSEOに効果的。

簡単なご紹介になりますが、SEOコンテンツに慣れていないライターとSEOを意識したライティングを比較した場合、このような文章の違いが生まれます。




出版社系WEBサイトの文章は、SEOをまだ意識していない

プロのライターさんの多くは、出版社と付き合いが長い人が多いです。
例えば、ファッション雑誌や女性誌など。
雑誌を主体にしているWEBメディアは、やっぱり従来のプロライターのスキルが求められています。
雑誌のお仕事の延長線上で、WEB版のお仕事を受けているライターさんも多いでしょう。

出版社系WEBメディアのほとんどは、現在SEO対策をしていませんので何にも問題ありませんが、SEOを意識し始めたとき、今までのライティング手法では通用しなくなるでしょう。

SEOを意識したライティング具体例の記事解説は一部なので、ご不明点&SEOを意識したライティングスキルを身につけたい人は、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

( icon-star 前回の記事も見る)

記事の文章作成や、Wordpressサイトのカスタマイズで
お困りではありませんか?
ライティングレシピでは、文章コンサルとWordpressサイトのカスタマイズを承っております!

文章コンサル
●文章力をあげてスキルアップしたい
●SEOを意識した文章を書きたい
●ライター目線で文章が書けるようになりたい

Wordpressサイトのカスタマイズ
●憧れのサイトのようにしてみたい
●不具合を修正したい
●デザインを理想通りに変更したい

少しでも当てはまる項目があるなら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ココナラ満足度100%で、提案力には自信があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です